WebCAとは

一般社団法人ウェブコンサルタント・ウェブアドバイザー協会(WebCA / うぇぶか)は、答えの無い世界に挑むチャレンジングな経営者、そしてコンサルタントのための組織です。ドラッカー、ポーター、コトラーなどの伝統的な経営・マーケティングの知恵を、現代社会のネット中心消費行動に対応するよう再構築し、現代企業の経営課題を解決していくことを支援をします。

ネット中心消費行動への対応をリードする変革者を育成する

インターネットの登場により、社会構造は大きく変化しました。欲しい情報や欲しいものを探すとき、消費者は必ずネットで調べます。また、暇な時間にはネットで動画を見たり、ソーシャルメディアを見たり、友達や家族とメッセージをしたりして時間をつぶします。このように、いまや消費者との最大の接点はネットです。この現代の消費行動を「ネット中心消費行動」と呼んています。
消費者は多くの情報、多くの選択肢を手に入れることが出来るようになりました。その結果求める商品も選び方も大きく変わりました。どこにでも売っている当たり前の商品はインターネット上で比較され、価格競争にさらされ、利益を生むことは難しくなりました。一方で、これまではなかなか売れなかったようなニッチな商品でも、ニーズがあるものであれば、インターネットを通して多くの消費者に求められるようになりました。
インターネットの登場から30年。従来の競争のルールはもはや通用しません。新規事業の第一歩は、ネット中心消費行動と呼ばれるインターネット上の新しい消費行動を理解することです。集客のためのウェブ活用から、イノベーションのためのウェブ活用へ。これを私たちは「ネット中心戦略」と呼んでいます。私たちWebCA(うぇぶか)は、ネット中心戦略の考え方を共有・研鑽し、生み出した様々な資産を会員のみならず、非会員にも発信することで、社会の変革を後押しします。
 

ウェブコンサルタントの育成

消費行動の中心がWorld Wide Web(インターネット空間)上になった今、中小企業を含むすべての企業にネット中心消費行動を前提とした戦略が必要です。しかし、それを理解できるウェブコンサルタントは現時点では大変少なく希少です。専門性の高さ、報酬の高さから、顧問契約が一般的になると考えています。
国内約250万社のうち、1/3の事業者がウェブコンサルタントを必要とすると見込み、さらにウェブコンサルタント1名あたり10社を支援すると仮定すると、13万人程度のウェブコンサルタントが必要です。ウェブコンサルタント業界の発展の中心的なプレイヤーとなるべく、1万人以上の人材育成を目指します。
一般社団法人ウェブコンサルタント協会はウェブコンサルタント、ウェブアドバイザーの育成のみならず、ウェブコンサルティングを生業とするウェブコンサルタント、ウェブマーケティング会社、ウェブ制作会社の経営のトータル支援も行います。さらには、会員同士の相互扶助も推奨し、地域ことにウェブアドバイザーが協力し合うウェブアドバイザーユニオンを全国に立ち上げてゆきます。ウェブアドバイザーユニオンとは、それぞれの強みを持ったウェブアドバイザー同士が協力して仕事を支援しあう小組織です。個人事業主として活動するウェブアドバイザー同士は大きな仕事を一人で抱えることは出来ません。これを分業によって支えあうことを想定しています。このウェブアドバイザーユニオンが実績を積むことで、ウェブアドバイザー・ファームとして法人化していくことを推奨します。また、ウェブ活用を支援する仕事は在宅ワークとなじみが良く、ウェブコンサルタント、ウェブアドバイザーの育成は、在宅ワーク人口の増加にも貢献します。これによって、子育て中の方、介護をしながら働く方はもちろんのこと、障害のある方でも社会に参加しやすい産業を作ります。
 

行動指針

一.発言せよ、行動せよ、変革せよ

コンサルタントの価値は与えた影響の大きさによって見積もられます。会議に参加するだけ、レポートを提出するだけでは価値は0です。私たちの発言、行動がどれだけ企業に本質的な影響を与えたか、経営者の脳内のビジョンに影響を与えたかが私たちの価値です。そのためには、日々の価値観の発信、自己開示がとても重要です。

一.お客様の求めることではなく、お客様のためになることをせよ

誰でも人に嫌われることは避けたいものです。しかし、私たちの仕事は人に影響を与えることです。クライアントの求めることが、クライアントにとって本当に必要なことか。課題を解決することにつながるのか。自ら責任をもって考える必要があります。指示に従うのではなく、自分で考え、あるべきことを提示し、行動を促す。クライアントとの意見の不一致こそ、大きく貢献するチャンスです。

一.社会に誠実であれ、未来に誠実であれ

社会に対して、また未来に対して負荷を与えない、モラルを持った行動を心がけましょう。クライアントの事業が社会にとって良くないことだと思うなら、それを支援しないことも、私たちの重要な仕事です。また、未来の環境に負荷を与えるような事業を支援するのは未来の社会に対して不誠実です。
コンサルタントは社会に対して大きな影響を与える仕事です。だからこそ、経済的な損得を超えた哲学が必要ですし、これをクライアントに伝えることも必要です。クライアントも、消費者も、さらには競合でさえ、私たちと同じ社会のメンバーであり、一緒に未来を作る仲間です。社会全体にとって良いこと、社会の共通価値(Creating Shared Value)を高める仕事をしましょう。
 
設立趣意
私たちはウェブコンサルタント育成のために2018年10月に一般社団法人ウェブコンサルタント協会(現WebCA)を設立しました。デジタル化が進んだ現代企業の経営課題を解決していくために、ビジネス+デザイン+デジタル(中でもウェブが中心)を俯瞰し、適切な戦略、戦術、運用を提供していく人材を育成します。全文を見る
 
新しい働き方
いまやウェブ活用は小さな企業や小さなお店にとっても必須になりました。選択肢があふれるなか、競合と比較されるなかで選んでもらうには、どうすればよいのでしょうか。この課題を解決するのがウェブコンサルタントウェブアドバイザー、新しい働き方です。
 
WebCAの歩み方
WebCA会員になったら、どのようにWebCAを活用したらいいかをまとめました。
 
会員規約       
内部用メモ!背景色を紫にすると表示されません。サブページはトグルにいれて背景色を紫へ