戦略キャンバスAB3C上級講座

AB3C分析の変形ともいえる戦略キャンバスは、AB3C策定時にも頻繁に使われます。クライアントに説明するうえでも、クライアントが直感的に理解できる書式で、興味を持ってもらいやすいツールです。

一見簡単なツールですが、掘り下げてみると実は奥が深く、利用シーンがたくさんあります。自社と競合の比較はもちろんのこと、経営者と社員の描く戦略キャンバスを比較して、認識の違いを洗い出したり、お客様に書いてもらうことで、伝わっていない価値に気づくなど、使い勝手の良いツールです。作った戦略キャンバスは、そのままウェブサイトのコンテンツの企画としても活用できます。

座学、実践、宿題、発表を通して実践的に学びます。

戦略キャンバスの例
戦略キャンバスの例

戦略キャンバスについて

お客様の求める価値を具体化し、それに沿って自社と競合を比較をしながら、差別的優位点(狙うお客様が求めていて、他社が提供できていない価値)を見つけ出す方法を支援します。
横軸はターゲットとするお客様が具体的に求める価値、縦軸は「良い」「普通」「悪い」等の評価軸です。

お客様が求める各価値項目について、自社はどのレベルか、競合はどのレベルかをグラフにして比較します。

戦略キャンバス表のサンプル
戦略キャンバス表のサンプル

自分で書く以外に、スタッフさんに書いてもらったり、顧客に書いてもらうことで、第3者からの客観的な見え方も確認します。
これにより、自社がどの価値項目に秀でているのかを具体的に洗い出すことができます。
そして、それを差別的優位点(狙うお客様が求めていて、他社が提供できていない価値)として強く打ち出していくことで、他社との明確な違いを伝えることが可能になります。

どの価値項目にも秀でていない、他社と比較して勝ち目がない場合、横軸に新たな軸を追加することを検討する必要がでてきます。
「お客様が求めていて、他社がまだ提供できていない価値」、それを自社の強みを活かしてどのように提供していけるか。
そういった「新たな商品・サービス」の検討方法についてもお伝えします。

講座の流れ

宿題
(事前課題)
セミナー2週間前までに
宿題(事前課題)をお知らせします
約2週間
セミナー
ワークショップ
約2週間後に、セミナー&ワークショップを実施します
約3週間
セミナー&ワークショップ終了後、約3週間、事後フォローを行います
(ご質問などお気軽にお問い合わせください)
発表・検討会
セミナー&ワークショップ終了から約3週間後に、
再度、発表・検討会を行います

セミナー予定日のおよそ2週間前に簡単な宿題をご連絡いたします。
セミナー前に取り組んでいただき、セミナー当日にご持参下さい。
(受講前の準備のようなものなので、ご負担のない内容をご用意いたします。)

セミナー当日は、座学を約1.5時間、ワークショップを約2時間、発表・アドバイスを約1.5時間で予定しています。
座学で学び、ワークで実践、それを発表の上、アドバイスも受ける、という流れにて、自身のスキルとしてしっかり身につけていただきます。

セミナー・ワークショップ終了後、約3週間は事後フォロー期間として、お問い合わせを受け付けます。
当日よくわからなかったことや、もう少し詳しく聴きたいことなど、お気軽にご質問下さい。

そして、セミナー・ワークショップ終了後、約3週間後に、再度、発表・検討会を行います。
その後、取り組んでみて気付いたことや躓いていることの共有や、ワークで完成しなかった続きの発表をお願いします。
それについて、講師が主体で、受講者さんと検討しながらアドバイスも行います。

講師

一般社団法人ウェブコンサルタント協会 理事
村上 佐央里(予定)

受講費用

  • 会員参加費:12万円

※費用は全て税別です。
※各講座は、「セミナー・ワークショップ」と「発表・検討会」で1セット、参加費は1セットの価格となります。

開催場所と時間

セミナー・ワークショップ

開催場所未定
開催時間13時~18時半(参加者人数によって終了時間が前後する場合があります)

発表・検討会

開催場所zoomを使用したビデオ会議を検討中です。(遠方の方が都度足を運ぶ負担を減らすため)
決定次第、ご連絡、反映いたします。
開催時間14時~17時(参加者人数によって終了時間が前後する場合があります